障害理解を目的とした漫画制作プロジェクト【クラウドファンディング8/1開始予定】

概要

福祉団体6団体が加盟する「柏市心身障害者福祉連絡協議会」と面白いことを形にしていく企画団体「できる街プロジェクト」が共同で柏市に限らず、全国で使用できる『障害理解』を目的とした漫画制作をしたいです。
この企画は、共生社会を目指す活動の第1弾として若者をターゲットに制作します。
どうかご支援よろしくお願いいたします。

このプロジェクトは、障害者とその家族が自然と生きることができる社会(共生社会)を目的とした企画の第1弾です。

共生社会を目指すには、まずお互いを知ることだと思いました。
「できる街プロジェクト」のコンテンツの一つである漫画、アニメの『超普通シリーズ』を利用し、わかりやすく、なるべく楽しく、多くの人に『障害理解』を知っていただければと思います。

この企画で制作した漫画は、柏市に限らず、より多くの街でご活用いただけるように駅前や本屋さん・図書館で無料配布を計画しております。

今回の企画を通して、「障害」を知る人が増えること、そして、一緒に活動してくれる人を見つけることが目的です。

【『できる街プロジェクト』がこの企画を行うにあたって】

『今ある、見えない壁を壊したい』

私見ですが、柏市に限らず多くの民間の福祉団体は、その当事者やご家族が行っていることがほとんどだと思っています。「関係のない人間」が関わることを良しとしない方もいるかもしれません。企画最初の打合せで「障害者は『特別だけど特別ではない』ということを知ってほしい」というお話がありました。障害者に限らず、健常者だって一人一人を見れば特別だけど特別ではない存在のはずです。つまり同じだと思うのです。

第1目標:20万円
「障害理解」を目的とした漫画の制作+漫画のアニメ化(YouTube配信)
※従来のFLASH風アニメーション形式で制作

第2目標:100万円
テレビアニメ放送
※リミテッド・アニメーション形式で制作

第3目標:????

※このプロジェクトは実行確約型形式です
【FAQ】実行確約型形式とは?
※ 決済方法は、「クレジットカード決済」「携帯電話キャリア決済」が利用可能です
【FAQ】どのような決済方法がありますか?

▼本プロジェクトについて
本プロジェクトは、「障害理解」の漫画制作を目的としたものです。
支援金をいただき、漫画の制作を致します。

▼支援金について
全額漫画制作費に使わせていただきます。
支援金額に応じて、漫画だけでなく、アニメ化、ラジオ放送します。
(本資金をベースに、できる街プロジェクトおよび関連団体・柏市心身障害者福祉連絡協議会様が制作いたします)

▼制作した漫画の活用方法について
柏駅前で、テガちゃんの着ぐるみを使って、漫画の無料配布を計画しております。
また、図書館や本屋に、無料配布物として設置のお願いを計画しております。

実在する場所をご当地にしてゆるアニメ化にする企画です。
女子学生と不思議ないきものたちが、街の魅力をギャグテイスト満載で、ゆるく発信します。

2015年10月にクラウドファンディングで制作を開始。
現在放送は柏駅・柏市街地・千葉市や木更津市のデジタルサイネージとYouTube「千葉のテガちゃんネル」などのインターネットで配信しています。

2020年7月から千葉テレビ放送にて、地上波テレビ放送が開始しております。

◇主な制作スタッフ
キャラクターデザイン
漫画家 中道裕大

第50回小学館新人コミック大賞受賞
小学館 週刊少年サンデー「ハルノクニ」連載
ゲッサン「放課後さいころ倶楽部」連載中 柏市在住

脚本・監督
脚本家 村井真也

第48回放送脚本新人賞 寺島アキ子記念奨励賞受賞
第26回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作受賞
ミュージカルシニア劇団PPK48 脚本・演出 柏市在住

音楽制作
アーティスト 川嶋弘治

過去に「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」楽曲提供
バンド・ボカロ曲のプロモーション活動 柏市在住

15年10月 クラウドファンディングで制作開始
16年02月 第1期「超普通都市カシワ伝説」放送開始
17年03月 まちづくり事業として認められ、駅前放送決定
17年04月 柏駅・市街地のデジタルサイネージで放送開始
17年10月 柏市ふるさと寄附金事業のアニメ制作
17年12月 千葉市・木更津市のデジタルサイネージなどでも放送開始
18年08月 柏市代表として、全国ふるさと甲子園に出場
18年11月 柏市に市民公益活動団体として登録
19年07月 第2期「超普通都市カシワ伝説Z」放送開始
19年08月 柏市代表として、全国ふるさと甲子園に出場し、全国9位受賞
20年07月 第3期「超普通都市カシワ伝説R」放送開始

今回の企画は、できる街プロジェクトの楠本が、長年思い続けた企画です。

職業として、医療職を目指したとき
このアニメを始め、この団体を企画したとき
いつも「障害」と接してきました。

その人は、いつも「障害」と闘っていました。
社会での生きづらさ、自分の無力さ。
その言葉を聞いても、私は何もできず、無力感だけを感じてきました。

その人の苦しみの言葉を聞いても、できないことに涙する言葉を聞いても、助けてほしいという言葉を聞いても、私は何もできず、気づけば私は一人になっていました。

無力なサラリーマンでは、何もできず、悩んで、自分にできることを探しました。

「やりたいことを実現する力」をつければ、何かを変えられるかもしれない。

そう思い、私たちは、設立から約5年で「アニメを地上波でシリーズ放送」することができました。

そして、運命的に柏市心身障害者福祉連絡協議会様と会うことができました。

彼らと話をして、障害支援活動の現状・目標・課題を聞くことができました。

そこで、私たちは、柏市心身障害者福祉連絡協議会様と一緒に活動することで、障害者が自然と生きることができる共生社会の一助になれると思いました。

「やりたいことを実現できた」私たちだからこそ、小さな活動もきっといつか大きなものにすることができる。
そう思って、この企画を考えました。

今は小さな活動かもしれません。

ですが、きっといつか社会の生きづらさを抱える誰かの力になれる活動にします。

だから、どうか力を貸してください。
よろしくお願い致します。

TOPICS

サイトマップはこちら

オリジナル漫画制作します
詳細はこちら

 

 

オリジナルアニメ制作します。
詳細はこちら

 

 

お問い合わせはこちら

コメントお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です